スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの審査で消費者金融の履歴は関係するのか?

住宅ローンを新規に組もうと思ったとき、消費者金融に借入れがあるが、審査に通るのか、不安になりますよね。

住宅ローンの審査の際は年収、勤続年数、自営業者、健康的事由(団体信用生命保険に加入が条件)などが基準とされるようですが、

消費者金融に対しての借入れ履歴も調査されるようです。

住宅ローンを組む際に融資に関する調査をするのは、銀行自身ではなく、その系列の保証会社が行います。

この保証会社の審査方法は、個人信用情報会社に照会するのが一般的ですので、

この個人信用情報会社に履歴があれば、たとえ黙っていたとしても直ぐに明らかになってしまいますので、

自己申告した方が心証が良いですね。

やはり、新しく住宅ローンを組み、支払っていくわけですから、消費者金融に借入れがあるというのはあまり良い心象を与えないようです。

仮に、複数の消費者金融に借入れがあり、住宅ローンを含めても、問題なく今後も支払いできるという場合であっても、

複数に借入れがあるということのみで住宅ローンの審査を通らないということがあるようです。

また、借入れ履歴についても、完済していたとしても5年間は個人信用情報機関に履歴が残ってしまっています。

将来的に住宅ローンを組みたいと考えている場合でしたら、若干注意が必要となってきますが、

保証会社が重視するのは滞納がないのか、予定通りに返済できるのかといった点ですので、

完済しているのであればそれほど大きな問題とならないのではないでしょうか。

もし、既に消費者金融に借入れがあって、住宅ローンを組むのであれば、

借入れについて正直に自己申告することと、 可能であるなら一時的にでも完済しておけば、住宅ローンを組むことも可能ではあるようです。

金融機関を利用するとき専門用語が出てきます、事前に下調べするのに  キャッシング・ローン簡単用語集  をご利用ください。

トラックバック

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-05-11│06:00 |
  • [edit]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-01-29│03:28 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。